空手

スクール概要

稽古を通じて、心・技・体をバランス良く育てることを目的としています。幅広い年齢の中で、技術だけでなく、礼儀や相手を思いやる心・強い意志・あきらめずに成し遂げる心を育てます。
※店舗により、流派が異なります。

実施店舗

プログラム内容

空手道を通し、礼儀を重んじたくましく元気な日本の子供たちを育てます。 また、三位一体の教育を目的とし身体面(体力の向上・技術の向上・強い体)・精神面(強い心・自信・集中力)・社会面(協調性・礼儀作法・コミュニケーション・思いやり)をしっかり育てていきます。カリキュラムの中に年2回の昇級試験もあり、お子様のやる気もどんどん上がっていきます。

対象 年長~小学生
開催店舗 コトニア赤羽店

ジュニア新極真会スクール

1964年豊島区池袋に国際空手連盟極真会館が発足。創始者である大山倍達が他界後、緑健児師範を代表とし、新体制で活動しています。新体制の方針として「青少年育成」「国際交流」「社会福祉」を3つの柱とし、組織の運営が行われています。昨今のいじめ問題などは、他人に与える痛みのわからない子供たちが行っており、空手の練習を通し自ら受ける痛みを感じることによって、いじめ問題が解消されます。これが「青少年育成」という事に対しての極真空手の考え方です。「強くなればなるほど、人に優しくなれる」これが、新極真空手のモットーのひとつです。

対象 年中~小学生
開催店舗 戸田公園店
このページの上部へ